ヒーリングを学び職業にしたい、人の役に立ちたい。そんな方達をプロの心浄術ヒーラーへと育成します。
ヒーラー育成のプロフェッショナル岡本マサヨシ公式サイト

ブログ

インナーチャイルドに気づく

『自分自身の人生をありがたい』と捉える力がある人は
自分の存在価値そのものを肯定していることになりますよね。

美味しいものを食べることも
大好きな人と恋に落ちるのも

結局は全てが自分が今この地球に存在しているからこそだぁー
健康でそして生きていることこそありがたいことと捉えられていれたなら
この先の人生を幸せに暮らせれる切符を手に入れたと言っても
過言ではありません。

しかし、人は美味しいものを食べるとなんて幸せなんでしょうね。
今日は前から食べたかった弁当を作って食べたのでとても幸せな気持ちになりました。

それはまた一つ母に感謝することができた日でもありました。
なぜなら特製いくら弁当を作って食べたからです。



母はもうずいぶん前に亡くなっているのですが
ここ最近、ふと美容師のまだ新人時代を思い出し、
「あの頃はずいぶん、食べることに飢えていたなぁ」と昔懐かしく19歳頃の自分を思い出していました。
当時、渋谷の美容室で働いていて僕は一人暮らしをしていました。
給料も少なく、生活していくのがやっとでした。
昼飯は先輩の残ったカップラーメンのスープをおかずにして、家で炊いてきた
白米を腹いっぱいに胃袋にかきこむという生活が大半。

うまいものをたらふく食べたくなると母が住んでいる埼玉の家に泊まりに行きます。
すると、母は毎回早起きして僕が大好きな弁当を持たせてくれました。
いくらが弁当箱の蓋から溢れんばかりにのせられた『母特製いくら海苔弁当』です。
いくらの下には美味しいご飯、食べ進むと醤油が染み込んだミルフィール仕立ての海苔弁が
普段満たされない日々をおくっている僕の胃袋をパンパンに満たしてくれます。

母の味をもう一度再現して食べたくなり
今日いくらがたっぷりと敷き詰められた海苔弁を作って食べてみました。

食材の金額の高さを知る年齢になった今、改めて母に愛されていたことを実感します。

インナーチャイルドを癒すとは
『本当は愛されていたことを知ること』でもあります。

今は亡き母を思い出しながらのいくら海苔弁当は涙が出るくらい格別でした。

ヒーリングとは癒されること。

過去の記憶をたどると見えていなかった母の愛情が
さらにインナーチャイルドを癒してくれます。

母親は僕をこの世に誕生させた世界でたった一人の人だからです。

ヒーラーになるとはそんな些細なことに気づかせてあげることも大切なお仕事です。
心のススを上質な気で取り払いながら
人は自分の存在価値を見つけることで心に美しい花が咲くのです。

取り組み

精神世界をある程度突き詰めていくと、見えてくるのがエゴの領域です。
この考え方はエゴに値するのか、
それともエゴではないのか?

エゴ的に何かを行ったとしても継続することが困難になってきます。
人を踏み台にしたり、自分だけ良ければだったり、正義というエゴ的なコントロールだったり
これらのエゴ的な支配から抜け出ない限り宇宙の法則はうまく稼動しないのです。

思考や行動に対するエゴを回避することは、地球での大切な学びの一つだと深く感じます。

エゴから解放された状態とはフラットな捉え方ができているということです。
良い、悪いの判断をせずにそれぞれを認め合う心の領域に自分を置く必要があります。
一見大変そうに感じるかもしれませんがこの領域に行くととても自分が楽になります。
自分の常識に人を当てはめようとしないわけですから、誰とでも共存共栄できるわけです。

自分の考えと相手の考えが合わないような学び場面ほど、互いにエゴが表面化しやすい状態なので、自分以外の考えも認めるという取り組みを続けていけば最終的にフラットな捉え方に繋がっていきます。

相手を納得させようとすればするほど、防衛本能としてエゴが表面化するということを理解しておくと、対処することが容易になります。

「ヘェ~〇〇さんはそういう考え方なんだねぇ~。私はこう考えるけどねぇ。まぁ正解不正解はないけどねぇ」
という感じでしょうか。

自分の考え方を押し付けない。
相手の考え方に反応してイライラしない。
相手が防衛している時に自分も防衛という攻撃を仕掛けない。

それには距離感が大切です。

ヒーラーやリーディストを仕事にしていく上で次に大切なのが距離感です。

では次回ブログは距離感についてです。


心浄術ヒーラーとは

皆さんこんにちは。ヒーラー育成プロフェショナル岡本マサヨシです。
今日はヒーラーを仕事にする上で大切なことをいくつかお伝えします。
まず最初にとても基礎的なことになりますが、ヒーラーになりたい人自身が癒されていることです。

自分が心から癒されているプロのヒーラーはこんな感じです。
まず最初に感じることですが、あれや、これやとヒーリングジプシーになっている方によくお目にかかりますが、
それは心から癒されていないからです。美容室も本当に気に入って信頼する美容師さんが見つかると他にいきたいと思わなくなります。心浄術ヒーリングを受け終えた方は、その他のヒーリングに興味も無く、もう十分に自分が癒されているから、今度は自分が学んだ能力を用い、人を癒したいと心から思っている人が心浄術ヒーラーになっています。
これは、自分が癒されたヒーリングを心から愛し、そのヒーリングによって感動した経験を持っているからこその現象だと思います。

心浄術ヒーラーはヒーリングを仕事にすることでプロとして金銭的にも安定した収入を得ることが大切であると考えています。
なぜなら地球は対価をいただくことで双方が幸福、感謝を受け取ることができるというシステムとバランスで成り立っているからです。
自分の能力に対する自信と心のバランスを保てるように常に僕自身がサポートを行っており、日々人としての成長をし続けることを目的としたコミュニティーを実現するために全力で取り組んでいます。


心浄術ヒーラーを育成する上でこのようなことを僕自身とても大切にしています。

よく、お会いした方に心浄術ヒーラーは他のヒーリングと何が違うのでしょうか?
このような質問を受けます。
実は心の領域はとても複雑に干渉しあっています。
バーストラウマ、インナーチャイルド、過去生トラウマ、観念、エゴ、カルマ、などが複雑に交わりながら心の領域に存在しているのです。
それらの不要な邪気を上質なエネルギーワークにて解消した後に、自らも精神的、肉体的に覚醒をした、プロフェショナルなヒーラーが心浄術ヒーラーです。





インナーチャイルド

ヒーラーという仕事をしている僕は子供の頃はとにかくわんぱくな野球と空手に明け暮れる少年でした。

空手も実は今のヒーリングにとても影響しています。

昔から気功などの達人は合気道を取り入れていることは聞いたことがあります。

空手も拳に気を込めて形や組手、試割りなどを行ったり

下半身を強化することで大地にしっかり根を張って立つことを習います。

ヒーリングを行う際、足裏から気を入れたり出したりすることを行っています。

上質なエネルギーワークをする上での基礎を子供の頃から鍛えていたんだなぁと最近少年時代を思い出しています。

さて僕自身は幼少期はおばあちゃんと二人暮らしをしていました。

父母が僕が4歳の時に離婚して、母方の祖母が僕を引き取り育ててくれました。

おばあちゃんの愛情をたくさんもらってきたのでインナーチャイルドはないものと思い込んできました。

ヒーリングを受けるまでは、12月のクリスマスシーズンになると、どういうわけだか心の底から寂しさが湧いてくるのを不思議に感じていました。

12月は街がきらびやかに色どろれ、誰もが幸せそうに歩いているように見えます。

なのに、なぜだか理由がわからないのですがクリスマスになると寂しくて寂しくて仕方ないという感情が襲ってくるのです。

それがインナーチャイルドという子供の頃に形成されるトラウマだったということを10年前に知りました。

ヒーリングでインナーチャイルドを解消していくことで、愛されていた少年時代に見ないようにしてきた自分の気持ちを知りました。

母も父も一緒に住んだことがない僕はおばあちゃんと二人暮しが幸せだったけど

やっぱり普通の子供みたいに親子揃ってクリスマスケーキを食べたかったんだなぁって気づきました。

その気持ちを誰かに伝えることは自分自身の生きて来た過去を否定することと思っていたのだと気づきました。

ヒーリングをしていくとで自分がどんな気持ちに蓋をしてきたのかとてもわかって行きました。

今はクリスマスはとても楽しいイベントです。

この秋の風を感じるとちょっと気が早いのですがクリスマスが待ち遠しく感じます。





ヒーラーを仕事にする



僕自身もヒーラーになるとは考えたこともありませんでした。(10年目までは)

何と言っても職業の選択をする場合、自分が感動することはとてつもないパワーを発揮しますね。

10年前、美容師を20年も続けてきた僕にとって生涯美容師1本で生きていくと思っていました。

でも現在はヒーラーと美容師の両方大切な職業です。

きっかけは単純なことです。

それは出会いです。

なんでもそうだと思うのですが情報は常に生物ですのでスピーディーに訪れます。

その際、ワクワクするか否かが大切ですね。

心の声は目の前に訪れた情報に本当は興味があっても、頭の中では、「やめたほうが良いのでは」と囁く場合に
後ろ向きな声の原因「不安」という感情が前に進むことを拒みます。

不安は生きていく上で必要なアイテムではありますが、不安を表面化している原因をさらに深く見つめていくと

起きもしないことを、起きるかもしれないと思うことで、行動することをやめてしまっているケースがとても多いです。


僕は、ヒーリングを客観的に自分の心が感じるままに受けてみることにしました。(10年前)

今は僕を心から感動に導いてくれたこのヒーリングに心から感謝しています。

さてヒーリングを職業にするとはどういうことなのか?

おおよそヒーラーを仕事にしていく人は過去生での何らかの出来事が影響していると思います。

現生で生きて行きづらい経験をした人、または今現在も辛い経験をしている最中の人は過去生の延長を今のこの時代に於いても再度チャレンジしているのです。

人間は目的を持って生まれてきます。(中には持たないで生まれてきている人も一部いますが。。)

ヒーラーを職業にしている人は、生きていくことが大変と感じていた人が

ヒーリングによって180度考え方が変化した人ほどヒーラーを選ぶんだなぁと感じています。

それ自体、何ら不思議なことではなくて、当たり前の事でよね。






初めまして



皆さん初めまして。ヒーラーを育成するプロフェッショナル岡本マサヨシのオフィシャルサイトが本日よりオープンいたしました。
このページはヒーラーを仕事にしていきたい方、ヒーラーを現在しているけれど、ちゃんと職業として成り立っていない方をプロフェショナルなヒーラーとして育成することが目的で作りました。

ブログとお知らせが一緒になっていますので、たまに覗いてみてくださいね。

プログでは瞑想やセラピーについて、ヒーリングの楽しさ、エピソードなど気ままに更新していく予定です。

お知らせはセミナー、ヒーリング体験会など旬なイベント情報をお届けします。

よろしくお願いします。

株式会社楽笑(rakusho)
〒104-0061
東京都中央区銀座8-11-5
正金ビル1F
03-3569-1235
11:30~20:00
毎週水曜・第2第4日曜定休