ヒーリングを学び職業にしたい、人の役に立ちたい。そんな方達をプロの心浄術ヒーラーへと育成します。
ヒーラー育成のプロフェッショナル岡本マサヨシ公式サイト

インナーチャイルド

インナーチャイルド
ヒーラーという仕事をしている僕は子供の頃はとにかくわんぱくな野球と空手に明け暮れる少年でした。

空手も実は今のヒーリングにとても影響しています。

昔から気功などの達人は合気道を取り入れていることは聞いたことがあります。

空手も拳に気を込めて形や組手、試割りなどを行ったり

下半身を強化することで大地にしっかり根を張って立つことを習います。

ヒーリングを行う際、足裏から気を入れたり出したりすることを行っています。

上質なエネルギーワークをする上での基礎を子供の頃から鍛えていたんだなぁと最近少年時代を思い出しています。

さて僕自身は幼少期はおばあちゃんと二人暮らしをしていました。

父母が僕が4歳の時に離婚して、母方の祖母が僕を引き取り育ててくれました。

おばあちゃんの愛情をたくさんもらってきたのでインナーチャイルドはないものと思い込んできました。

ヒーリングを受けるまでは、12月のクリスマスシーズンになると、どういうわけだか心の底から寂しさが湧いてくるのを不思議に感じていました。

12月は街がきらびやかに色どろれ、誰もが幸せそうに歩いているように見えます。

なのに、なぜだか理由がわからないのですがクリスマスになると寂しくて寂しくて仕方ないという感情が襲ってくるのです。

それがインナーチャイルドという子供の頃に形成されるトラウマだったということを10年前に知りました。

ヒーリングでインナーチャイルドを解消していくことで、愛されていた少年時代に見ないようにしてきた自分の気持ちを知りました。

母も父も一緒に住んだことがない僕はおばあちゃんと二人暮しが幸せだったけど

やっぱり普通の子供みたいに親子揃ってクリスマスケーキを食べたかったんだなぁって気づきました。

その気持ちを誰かに伝えることは自分自身の生きて来た過去を否定することと思っていたのだと気づきました。

ヒーリングをしていくとで自分がどんな気持ちに蓋をしてきたのかとてもわかって行きました。

今はクリスマスはとても楽しいイベントです。

この秋の風を感じるとちょっと気が早いのですがクリスマスが待ち遠しく感じます。




?Gg[???ubN}[N??

株式会社楽笑(rakusho)
〒104-0061
東京都中央区銀座8-11-5
正金ビル1F
03-3569-1235
11:30~20:00
毎週水曜・第2第4日曜定休